看護部長からのメッセージ

ロイヤル病院は杉並区桜上水甲州街道沿いに立地し、屋上からは北東に新宿都庁舎、南西には富士山を遠くに見ることが出来ます。また、近隣には閑静な住宅街桜の木に囲まれた公園があり、春の季節には患者さま、御家族と一緒にお花見散歩に出かけられる環境にあります。当院の正面玄関を入るとやわらかな耳に優しいBGMが全館に流れ、各所にお花を飾った安らぎの療養環境を提供しています。

そのような穏やかで優しい環境の下、老年看護の知識と卓越した看護、介護技術の研鑽に努め、患者さまが≪ロイヤル病院を選んでよかった≫と思って頂けます様、歩んでおります。
看護師教育にはポートフォリオとクリニカルラダーを用い、自らの高みを目指せるプログラムで臨んでおります。 そして、ひとり1人の承認欲求を満たすことに必要な≪信頼と尊敬≫の絆の牽引者である看護管理者の質の向上に力を注いでおります。近年では、看護部長、看護師長との≪笑顔でおわる≫フェイスtoフェイス面談が欠かせないものとなっております。

看護部は、患者さまに一番近い存在として、明るく健やかな誠実な心で接する為にペップトーク・ポジティブシンキングを礎とし、常に相手を思いやり、心を分かち合い続けたいと思っております。是非、あなたの素敵な看護観、看護力、介護力を『夢ではなく実現化に向けて』私たちと一緒に叶えて行きましょう。

ロイヤル病院
看護部長 小西 紀江

看護部理念

私たちは、人々の生命を尊重し、
専門職としての品位と責任に
優しさと思いやりの心を添えたケアを提供します

看護部方針

  1. 患者・家族の意思を尊重し私たちの心と手でその想いを叶えます。
  2. 看護倫理に基づいた責任ある行動をします。
  3. 根拠のあるケアを探求し、丁寧に関わり、提供します。
  4. 看護が好き 介護が好き そんな自分の想いを言葉と微笑で届けます。
  5. 認め合い、高めあう組織作りに貢献します。