看護部長からのメッセージ

グレイス病院のホームページを御覧いただいている皆様、ようこそいらっしゃいました。

グレイス病院は、2008年開設し、病棟は医療療養病床と一般障害者病棟の計120床で、外来は一般内科と小児科を標榜しています。
地域に根ざした、高齢者医療を提供している病院です。
法人の理念である「自分や自分の家族を安心して預けられる病院をめざします」の言葉のもとに、患者様・ご家族が不安なく、出来る限り穏やかに、その方らしい生活が送れるよう看護・介護の提供に、日々取り組んでいます。 120床という少ない病床数の利点を活かすことで、柔軟な多職種でのチーム医療の実践につなげています。
また、良い看護・介護を行うには、働く職員の健康や精神的な安定があってこそと、考えています。

人生の中でおこる様々なライフイベントや、専門職としての成長をサポートできる病院でありたいと思っています。
患者様ご家族とともに、働く職員も、「グレイス病院を選んで良かった」と言ってもらえるような職場作りに取り組んでいます。

是非このホームページを通じて、私どもの職員が生き生きと活躍している様子を感じていただければ幸いです。

グレイス病院
看護部長 辻 節子

看護部理念(ミッション)

手のぬくもりを患者さんに伝えられる
「心のこもったケア」「信頼されるケア」を実践します。

方針(ビジョン)

  1. 看護、介護の成果や価値を「可視化」し看護、介護の価値を高め、患者家族のQOLの向上に寄与します。
  2. 看護、介護を楽しみながら、専門職として「自律する」職業人を育成し社会に貢献します。