文字サイズ
 

グループ沿革

回心会 沿革

山本医院 開設

1922年(大正11年) 4月 福岡県八幡市中央区に山本医院を開設

1945年(昭和20年) 8月 山本病院が戦災により消失

1946年(昭和21年) 4月 東京都渋谷区西原に山本医院を開設

1950年(昭和25年) 6月 東京都渋谷区幡ヶ谷に山本医院を移転


医療法人社団回心会 設立

1972年(昭和47年) 3月 医療法人社団回心会を設立

1972年(昭和47年) 3月 回心堂南平病院を医療法人社団回心会南平病院に改組

1974年(昭和49年) 7月 ロイヤル病院を医療法人社団回心会ロイヤル病院に改組

1981年(昭和56年) 11月 回心堂病院を医療法人社団回心会回心堂病院に改組


老人病院としてスタート

1983年(昭和56年) 3月 医療法人社団回心会回心堂病院、南平病院、ロイヤル病院を特例許可老人病院として届出を行う

1996年(平成8年) 1月 医療法人社団回心会回心堂病院 南平病院 ロイヤル病院は介護力強化病院として届出を行う
(回心堂病院:入院医療管理料Ⅱ/南平病院:入院医療管理料Ⅲ/ロイヤル病院:入院医療管理料Ⅲ)

1996年(平成8年) 4月 南平病院、ロイヤル病院が介護力強化病院、入院医療管理Ⅱの届出を行う

1998年(平成10年) 6月 回心堂病院、南平病院、ロイヤル病院ともに介護力強化病院、入院医療管理Ⅰの届出を行う


長期療養病床のスタート

2001年(平成13年) 5月 南平病院が日野市万願寺に新築移転
完全型療養病床(184床)となり回心堂第二病院と改称

2002年(平成14年) 5月 回心堂病院が49床の完全型療養病床 (回心堂病院アネックス)を増床

2002年(平成14年) 5月 回心堂第二病院が指定介護療養型医療施設となる
医療療養病床60床を介護療養病床へ転換し、医療療養型病棟124床・介護療養病棟60床となる

2003年(平成15年) 9月 回心堂病院、ロイヤル病院共に全面改修工事(回心堂病院アネックスを除く)を完了し、回心堂病院(137床)、ロイヤル病院(198床)の療養型病院となる

2009年(平成21年) 3月 回心堂第二病院が医療療養病棟(28床)を一般病棟(障害者施設等入院基本料)の届出をし、医療療養病棟96床・介護療養病棟60床・一般病棟28床となる

2009年(平成21年) 12月 回心堂第二病院が(財)日本医療機能評価機構による病院機能
評価受審により認定病院となる

2010年(平成22年) 1月 回心堂第二病院が指定介護療養型医療施設(60床)を辞退し、医療療養病棟へ転換。医療療養病棟156床・一般病棟28床となる


医療療養病床入院基本料改定

2006年(平成18年) 4月 医療療養病床の入院基本料が、患者様への医療必要度(医療区分1~3)、日常生活動作能力(ADL1~3)の組合せによる統括評価(5段階)に改定され、医療保険と介護保険との役割分担が成される

2010年(平成22年) 4月 診療報酬改定により、医療療養病床の入院基本料の統括評価が5段階から9段階へ改定される


青秀会 沿革

青秀会は、50年以上の歴史がある医療法人社団 回心会のグループ病院の一つとして、平成18年5月に開設された医療法人です。「自分や自分の家族を安心して預けられる病院を目指します」という理念のもと職員一同が、患者様に対し医療に携わっております。

医療法人社団青秀会 設立

2006年(平成18年) 5月 医療法人社団青秀会を設立


医療法人社団青秀会 設立

2008年(平成20年) 2月 東京都日野市大字宮にグレイス病院を開設
・許可病床数 120床
(医療療養病床 60床 一般障害者病棟 60床)

2008年(平成20年) 3月 グレイス病院が開院し、診療が開始される
外来診療開始(内科・消化器内科・小児内科外来)
医療療養病床(60床) 開院

2008年(平成20年) 6月 一般障害者病棟/障害者等入院基本料(60床) 開院



ホーム  |  理理念・基本方針  |  グループ沿革  |  交通案内  |  採用情報  |  リンク  |  ▲ ページトップ
2011(C) 回心会・青秀会 All Rights reserved.