文字サイズ
 

I・T様 <病名:脳出血、高血圧、胆のう胆管炎>

回心会・青秀会 (2011.01.04)

《患者様情報》
年齢:93歳
入院:平成21年4月
病名:脳出血・高血圧・胆のう胆管炎


Q 回心堂病院の入院までの経緯は?

母は元来大病もなく、89歳までは自立した生活をしていました。そんな中、認知症が見られ、有料老人ホームに入所する事なりました。

施設での生活が経過し2年程前に脳内出血を起こし救急病院へ入院することになり、半年間の治療を続けて参りました。半年後に病状が落ち着いた為、先生より今後は看護・介護が中心の病院で加療を勧められ、ソーシャルワーカーさんに幾つかの病院を紹介されたきっかけで回心堂病院を知りました。

こういった転院作業は初めてだったので、大変不安と戸惑いの中、探し始めた事を覚えております。

初めて紹介して頂いたのが回心堂病院でした。家族は、母の面会や対応を優先に考えてくれて協力しくれますので、第一希望としては面会に行き易い場所を検討しておりました。


Q 初来院された印象はいかがでしたか?

色々な病院を見学し、正直落ち込みました。元来母は健康に生活を送っていたので、ベッド上での生活環境を見たときにはショックが大きく、入院に戸惑いがありました。

しかし、回心堂病院は明るい環境で病院といった雰囲気ではなく、年行事の実施等、施設の延長のような環境に感じました。また、職員の対応に大変安心感を抱きました。快く挨拶をして声を掛けていただける環境に他とは違う物を感じました。

以前は、個室・2人部屋で、面会時にカーテンを仕切った環境でした。しかし、ここはオープンな環境であり、最初は戸惑いましたが適度に周りとのコミュニケーションがとれ、共存している雰囲気がすぐにいいものだと感じられました。


Q 当院を希望された決め手は?

正直、幾つかの病院を回って疲れたと感じた事を覚えています。しかし、不安な気持ちの中回心堂を知った事は、環境・職員の雰囲気・職員の充実さといった点で非常に安心が持て決め手に繋がったと思います。形式的でなく、自然な対応が受け取れ母に合った場所だと感じました。


Q 職員の印象はいかがですか?

職員の皆さんは入院相談時の印象と変わっておりません。私たちの身になって、話を聞いて下さり、同じ目線で対応してもらえて大変嬉しい思いです。入院時からそのような対応をしてくださった事が、ここに決めてよかったと家族で話した事を忘れません。

また、いつも母への声掛けがうれしく、面会に行けない時にも、1人で寝かしているのではないと安心ております。この会話が非常に安心感に繋がっています。

先生もすれ違う度に話し掛けて下さり、必要な時には先生からおよび掛け頂き、説明して下さるので大変信頼しております。


Q 入院されてから変わった事はありますか?

本当に、第一印象と変わっていません。優しく看護・介護して下さる姿勢に大変親しみを持っております。背中越しからもあいさつの言葉を掛けて頂けるのは家族にも常に気を回してくれていださっていると感じ、非常に嬉しく感じています。


Q 今後の療養生活での不安や心配な事はありますか?

母の今後の病状は正直心配です。しかし、この病院に任せられるという思いもありますし、本当によく診てくださっていて、すぐに色々と対応してくれているので、入院生活に不満も心配もありません。


Q 当院へのご要望はございますか?

もし検討頂けるのであれば、今対応いただいている入浴時間に余裕を持って頂けると嬉しいと思っております。職員の方々の負担も心配ですし、ゆっくりと入浴対応してもらいたい思いはあります。


入院してから、母の表情が変わってきており、目の動きが見られるようになりました。面会に来ることや回心堂病院で入院出来た事が刺激になって家族も満足しております。
今後とも宜しくお願い致します。


ホーム  |  理理念・基本方針  |  グループ沿革  |  交通案内  |  採用情報  |  リンク  |  ▲ ページトップ
2011(C) 回心会・青秀会 All Rights reserved.